全身脱毛こそ医療脱毛にすべき!?

ムダ毛のお手入れに悩んでいる方は非常にたくさんいらっしゃいます。カミソリや毛ぬき、ワックスなどを使用して自分でムダ毛の処理を続けていると、肌にできた小さな傷口から細菌が入り炎症を起こしたり、色素沈着による黒ずみができたりするリスクがあります。

 

そうなるとせっかく毎日こまめにムダ毛の処理をしていても、毛穴の開きが目立ったり盛り上がってボツボツになったりするので、思い切り素肌を見せることができなくなります。

 

自分で行うムダ毛の処理に限界を感じたら専門家による全身脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。
専門家による脱毛には病院やクリニックで行う医療脱毛と脱毛サロンやエステで行う脱毛があります。病院で行う脱毛の主流は、医療用のパワーの強いレーザーを使った医療レーザー脱毛で、たいへん脱毛効果が高いのが特徴です。レーザーがムダ毛の中にある黒色メラニン色素に反応して熱を出し、毛根にある毛を作る働きのある毛母細胞を熱で破壊する仕組みなので、二度と毛が生えてくることがありません

 

脱毛サロンやエステで行う光脱毛も熱で毛母細胞にダメージを与える仕組みですが、病院ほど出力を上げて使用することができないため、どうしても効果が劣ってしまいます。

 

せっかく全身脱毛をするのであれば、効果の高いレーザー脱毛の施術を受けることをおすすめします。
レーザー脱毛は脱毛効果が非常に高いことで知られていますが、黒色メラニン色素にのみ反応して周辺の皮膚にはダメージを与えないために、その安全性の高さでも知られています。

 

しかし、熱を出す時にごくまれに火傷が起こったり赤みが出たりするケースもあります。そんな時でも病院で施術を受けておけばすぐに医師が治療を行い、適切な薬が処方されるのでたいへん安心です。
万が一肌トラブルが起きてしまった時に後悔しないためにも、全身脱毛こそ医療機関ですべきです。

 

痛みは脱毛効果が高い分、脱毛サロンやエステと比較すると強く感じられますが、もしどうしても我慢ができない場合には、医師に相談すると病院で行う施術なので、痛みを和らげる効果がある麻酔クリームや笑気ガスを使用してもらうことができます。

 

しかし、施術を受けたほとんどの方が輪ゴムで弾かれたような瞬間的な痛みで、十分我慢ができる範囲だと言っています。
医療機関で全身脱毛をする方が、脱毛効果が高いことに加えて医師が常駐する精神的な安心感があるので非常におすすめできます。